交通事故被害を弁護士に相談するべき理由

交通事故に遭い、被害者となってしまったとき、ほとんどの場合は警察に連絡して保障関係は全て保険会社にお任せという方が多いのではないでしょうか。まず、保障処理を行うのは、加害者側の保険会社であり、決して被害者側に有利な条件で動いてはくれないのだということを理解しておく必要があります。誰でも面倒なことは避けたく、できれば慰謝料なども安く支払うことを望むものです。

加害者側の保険会社の独自の支払い基準に基づいた慰謝料や賠償金が算定されるため、法的に認められている金額をはるかに下回る示談金が提示されることがよくありますが、被害者側が初めての経験である場合には、よくわからないことをいいことに加害者側にとって有利に進められてしまうことも珍しくありません

保険会社から示談金額の提示があった際、被害者は、交通事故を専門に扱っている一流の保険会社であるから賠償金額として適正なのであろうと考えがちです。しかし、裁判所の基準と比べた場合、低いこともあり、弁護士に相談することによって交通事故による慰謝料や賠償金を大きく増額することも可能となります。素人には理解しがたい慰謝料や賠償金の妥当性を適切に診断してくれるため、後悔しないためには早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。その際、どんな弁護士に相談するのかというのも大切なポイントとなります。

弁護士には、離婚や医療訴訟、詐欺や人権侵害、遺産相続や借金問題など、さまざまな分野のなかで得意としているジャンルがあるため、交通事故分野に精通した弁護士に相談することが大切です。